キャリア求人|実績のある転職サイトランキング

 転職を決意した時、誰もが一度はどの媒体からどのようにして自分に合う求人情報を探せば良いか色々と探しますよね?一般的には、ハローワーク求人やネット上の転職サイトの求人、転職支援会社が取り扱う求人などがあります。転職活動の第一歩は、応募できる、自分が希望する求人情報を探すことがキャリア転職を成功させることになります。このサイトでは、そんなキャリア転職を目指す方のために、効率的に求人を探せる方法や業界別転職サイトランキングなどを掲載しています。また、自分に合う求人の探し方なども掲載していますので、ネットサーフィンに時間をとられることなく求人検索ができるため、応募書類作成や面接対策などにも十分に時間を割く時間ができるのです。ぜひ、このサイトを利用して自分にあうキャリア求人を探してくださいね。




・リクナビNEXTでは、高額報酬を扱う転職エージェントサービスがあり、求人紹介から、転職アドバイス、報酬や待遇交渉を転職エージェントが代行してくれるため、高額転職を狙う人には効率的に転職ができます。
・無料で求人検索ができるだけでなく、職務経歴や転職希望条件などを匿名でスカウト登録しておくと、非公開求人を中心に企業や企業から委託をうけたエージェントから連絡がきます。

 

おすすめ度

・登録すると、専任のコンサルタントが求人への応募から推薦まで代理でしてくれるため、自分で応募理由や志望動機を考えなくて済むので時間を有効に使用できます。
・応募企業を比較するために、面接や内定が出るタイミングを調整してスケジュールを組んでくれるため、現職中でも転職活動がスムーズに行えます。
・面接結果は、担当者が直接企業の採用担当とやり取りをしているため、面接結果を比較的早く知ることができます。

おすすめ度

緊張状態に慣れましょう

 

 上がり症を自覚し、大事な場面ではいつも緊張してしまう。そうであれば、その緊張状態に慣れてしまうのが、克服法としては手っ取り早い。

 

 もし身近に緊張する場面が溢れているほど過度の上がり症の人であれば、その場面に自ら飛び込んでしまいましょう。ショック療法と呼ばれるものです。それを繰り返すことで緊張状態に幾らか慣れ、転職活動中や仕事中に出会う緊張する場面でも、堂々と振る舞うことができるようになるかもしれません。

 

試用期間の常識

 

 キャリアの人も、試用期間について学んでおきましょう。たいしたことと捉えていない人も転職者の中には多いようですが、軽視し過ぎていると痛い目に遭ってしまうかもしれません。

 

休職中でも転職活動はできる

 

 心身の不調を回復させるために、休職期間が設けられています。本来は、体調の回復とともに、元の職場に復帰するものです。ですが、休職に至った原因が、勤務先の職場環境や人間関係にあった場合、いまは回復しても、復帰後に再発するのではないかと不安に思ったり、時間があるうちに転職活動を始めた方が得策ではないかと考えてしまうことは、理解できます。

 

お礼状はメールでも構いませんが…

 

 インターネットがこれだけ普及すると、もはやお礼状を手紙で送る、という習慣は古いものとなっているのかもしれません。インターネットというものによほど縁のない企業でない限り、お礼状をメールで送られたとしても、「無礼極まりない」なんて考えるところもないでしょう。

 

面接時にチェックしておきたいポイント

 

 仕事内容やフィールドがレベルアップするからといって、キャリアアップに直結するわけではありません。チャンスは広がっても、それにチャレンジできる社風の企業に転職しない限り、自分の成長にはつながらないからです。

 

直属の上司への退社理由の伝え方

 

 キャリアアップ転職のために、会社を辞めるにあたって、直属の上司に退職の意向を伝えなければなりません。自分の将来を考えて、キャリアアップ転職をするということは、現在の職場では実現できないフィールドを求めるということです。

 

キャリアアップに円満退職がマストな理由

 

 キャリアアップの転職をはかるということは、それまでの実績やノウハウだけでなく、人脈も活かして仕事をしていくということです。

 

時間に関するNG集

 

 キャリアアップ転職を希望している求職者の多くは、在職中に活動をスタートしていることと思います。そのため、面接時間を就業時間以降か、休日にしてくれるよう、依頼するケースが少なくないようです。

 

ライバル会社の企業研究も行っておく

 

 転職の面接は、準備にかけた時間とパワーが、採否に直結すると言われています。通常だと、応募書類の控えを見直したり、企業のホームページの確認を行うのが基本ですが、キャリアアップ転職の場合は、それでは全然足りません。

 

企業ニーズにマッチする経歴を語る

 

 キャリアアップ転職を目指す場合、面接の志望動機がいかに説得力のある内容であるかが、その後の質疑応答の内容にも関わってきます。

 

 また、キャリアアップを目指すということは、応募企業にとって自分を採用するメリットを伝えられることと同義ですので、まず企業の採用ニーズを理解することが不可欠です。